緩和ケア病棟で最期を迎えた進行がん患者の家族のうち、約40%が何らかの家庭内葛藤を抱えていたことが、筑波大学の浜野淳講師、東北大学の宮下光令教授らの調査で分かった。研究グループは医療従事者が家族内の関係やコミュニケーションの状況を理解してかかわることが、家族支援につながるとみている。

 調査は日本ホスピス緩和ケア協会に加盟する国内71医療機関の緩和ケア病棟で2016年1月以前に亡くなった患者の遺族を対象に、2016年5~7月に実施した。対象となった遺族は767人で、うち458人を解析した。

 それによると、遺族の42.2%が家族内の葛藤を少なくとも1つ経験したと答えた。「本来果たすべき役割をしていない家族がいる」「患者の治療方針で意見が合わないことがよくあった」と答えた遺族もそれぞれ20%を上回っている。

 家族の年齢が若いときや家族内で十分なコミュニケーションが取れていなかったとき、家族内で意見を強く主張する人がいたときに家族の葛藤が増えていたが、病気の前に交流のなかった家族と連絡を取るようになった場合、家族内の葛藤が少なかったことも分かった。

 これまでがん患者の家族がどんな葛藤を経験しているか、どのような家族に葛藤が多いかは明らかになっていなかった。研究グループは医療従事者が家族の状況を理解することで家族間の葛藤の有無に気づき、十分な支援を施すことに役立つとしている。

論文情報:【Psycho-Oncology】Prevalence and predictors of conflict in the families of patients with advanced cancer: A nationwide survey of bereaved family members

東北大学

建学以来の伝統である「研究第一」と「門戸開放」の理念を掲げ、世界最高水準の研究・教育を創造

開学以来の「研究第一主義」の伝統、「門戸開放」の理念、「実学尊重」の精神を基に、数々の教育研究の成果を挙げてきた実績を踏まえ、これらの伝統・理念等を積極的に踏襲し、独創的な研究を基盤として高等教育を推進します。[…]

筑波大学

文系、理系から体育、芸術にまで及ぶ学問を探求し、学際融合、国際化への挑戦を建学の理念とする未来構想大学。

筑波大学は1872(明治)年に開校されたわが国初の師範学校が始まりです。その後、昭和48年に移転を機に東京教育大学から筑波大学へと変わりました。現在の教育体制は9学群、23学類ですが、学生は枠組みを超えて講義を受けることができ、創造的な知性と豊かな人間性を備え[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。