2017年7月27日、名古屋市港区のポートメッセ名古屋で行われた知能ロボット競技大会「第3回アマゾン・ロボティクス・チャレンジ」に、中京大学工学部橋本学教授が率いる中京大学と中部大学・三菱電機との合同チームが参戦し、世界3位となった。

 日本で初開催となった「アマゾン・ロボティクス・チャレンジ」は、世界各地の約30チームの中から予選を勝ち抜いた16チームが一堂に会し、それぞれが考案したロボット(ハードウェア/ソフトウェア)で、保管棚から商品を取り出し、収納する競技を行った。

 競技には「Stow task」(物を棚に補充する動作)と「Pick task」(物を棚から取り出して箱に入れる動作)の2種目があり、参加したのはマサチューセッツ工科大学、プリンストン大学、カーネギーメロン大学、ボン大学、中京大学、中部大学、東京大学、奈良先端科学技術大学院大学、鳥取大学など。中京大学の合同チームは「Stow task」種目で世界3位に入賞、日本勢でトップを飾った。

 さらに同時開催した「ロボカップ2017名古屋世界大会」のレスキューシミュレーションリーグに、中京大学工学部・清水優ゼミから2チームが参加。コンピュータ内に作られた市街地で大規模災害が発生したことを想定し、4台のロボットを操作して市民などの要救助者を探し救助するシミュレータ内の競技で、世界各地から6チームが出場し、中京大学のChukyoBチームが進出、4位となった。

 また、展示ブースでは加納政芳教授ゼミ学生らが人間共生ロボット(何もできない赤ちゃん型ロボット)の展示を行ったほか、NTTドコモブースでは国際英語学部・森山真吾教授ゼミの学生3人が通訳ボランティアとして参加した。

中京大学

深い知識と幅広い教養を兼ね備えた人材を育成。多彩な個性が集結する11学部18学科の総合大学

11学部18学科を擁する全国有数の総合大学。年間600名以上の海外留学生、就職率97.6%、過去5年間全公務員試験合格者数2,700名以上など高い実績を誇ります。 “経験”を通じ可能性と将来像を描く「気づき」の場。ビジョン実現に必要な専門性を身につける「学び[…]

中部大学
中部大学

実社会で通用する真の実力を養う7学部26学科がワンキャンパスに集まる総合大学

約1万人がワンキャンパスで学びます。好奇心に応える施設設備、社会から研究依頼が舞い込む研究室、各分野で評価の高い教授陣が、あなたの創造力を刺激。「やりたいことができる、なりたい人になれる」大学です。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。