8月25日、徳島大学は、同大学疾患プロテオゲノム研究センターの高田健介講師と髙濵洋介教授らが生体防御の中心的役割を担うTリンパ球産生の過程で必須のプロセス「正の選択」の新たな機構を明らかにしたと発表しました。同研究成果は米国国立衛生研究所、米国ミネソタ大学、東京都医学総合研究所、東京大学、名古屋大学との共同研究によるもので、8月24日付けの「Nature Immunology」オンライン版に掲載されています。

免疫応答の司令塔であるTリンパ球は、病原体などの異物を認識し、生体防御に不可欠な役割を担っています。未熟なTリンパ球のなかには異物を認識できない無用なものが数多く含まれていますが、Tリンパ球が胸腺で産生される過程で有用なTリンパ球だけが選択的に成熟を許され、さまざまな異物に反応できる成熟Tリンパ球集団がつくられます。このTリンパ球の選択プロセスは以前から知られており、「正の選択」と呼ばれています。同研究グループは、「正の選択」の過程で、Tリンパ球が選別されるだけでなく、個々のTリンパ球の機能が至適化されることを見出し、Tリンパ球が異物に対して有効に応答できる能力を獲得するには「正の選択」が不可欠であることを明らかにしました。

この成果は免疫システムの根幹的な形成機構解明に大きな進展をもたらすものであり、感染症やアレルギー疾患など、免疫システムが関連する難治性慢性疾患の根本的な治療法開発につながることが期待されます。

出典:【徳島大学】Tリンパ球機能至適化の新機構:「正の選択」の本質を発見(PDF)

名古屋大学

総合的かつ自主的な判断力を持つ豊かな人間性を有する人材の育成

基礎技術を「ものづくり」に結実させ、そのための仕組みや制度である「ことづくり」を構想し、数々の世界的な学術と産業を生む「ひとづくり」に努める風土と、既存の権威にとらわれない自由闊達な学風の上に、真の勇気と知性をもった未来を切り拓く人を育てます。[…]

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。