京都大学大学院農学研究科の松浦健二教授、森直樹教授、三高雄希博士課程学生らの研究グループは、世界で初めてシロアリの兵隊アリへの分化を抑制するフェロモンの特定に成功した。

 シロアリの兵隊アリは働きアリから分化するが、興味深いことに、巣内で兵隊アリの割合が増加すると、働きアリから新しい兵隊アリへの分化が抑制される。これは「兵隊アリが新しい兵隊アリの分化を抑制するフェロモンを分泌しているため」だと30年以上前から予想されていたが、これまで兵隊フェロモンの成分特定に成功した例はなく、実態は未解明のままであった。

 今回、同研究グループは、日本に広く分布するヤマトシロアリの巣から兵隊アリと働きアリを取り出し、それぞれの体表面にある物質を有機溶媒で抽出した。そして、その抽出液を成分分析し、(-)-β-エレメンと呼ばれる揮発性のテルペン類が兵隊アリでのみ大量に検出されることを特定し、この物質に「兵隊アリのへ分化を抑制する」効果があることを世界で初めて発見した。さらに、同グループは、このフェロモンが働きアリを集合拘束させる効果や、昆虫病原菌の成長を抑える効果を持つことも明らかにした。

 本成果は、社会性昆虫のシロアリにおいて、巣内の役割分業がどのように制御されているのか、また、それに関わるフェロモンがどのように進化してきたのかを理解する上で、極めて重要な意味を持つ。

論文情報:【Proceedings of the Royal Society B】Multi-functional roles of a soldier-specific volatile as a worker arrestant, primer pheromone and an antimicrobial agent in a termite

京都大学

「自重自敬」の精神に基づき自由な学風を育み、創造的な学問の世界を切り開く。

自学自習をモットーに、常識にとらわれない自由の学風を守り続け、創造力と実践力を兼ね備えた人材を育てます。 学生自身が価値のある試行錯誤を経て、確かな未来を選択できるよう、多様性と階層性のある、様々な選択肢を許容するような、包容力の持った学習の場を提供します。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。

大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。