帝京大学と近畿大学は、2017年8月21日から28日までの8日間、ベトナム・ホーチミン市で、産学共同による海外インターンシップを実施する。帝京大学と近畿大学が共同で海外インターンシップを実施するのは今回が初。

 帝京大学と近畿大学の合同インターンシップは、言葉や文化の異なる海外でのインターンシップを通じて、課題解決能力とコミュニケーション能力を身につけることを目的とするもの。学生らはベトナムにおける日本の製薬会社の芳香剤シェア拡大と市場開拓のミッションに挑む。

 ベトナムでの芳香剤市場は、ブランド力のある欧米メーカーと低価格の現地メーカーが多くのシェアを占めており、今回インターンシップを実施する日本の某製薬会社の製品シェアは5%未満、メーカー知名度は10%未満の状態であり、ベトナムでのシェアの拡大が課題となっている。

 そこで、インターンシップ参加の帝京大学の学生(16人)と近畿大学の学生(15人)に「ベトナム市場に芳香剤を売り込め!」というミッションを与え、現地のオープン大学の学生と協力して課題解決に取り組む。学生らは市場の視察やアンケート調査などのリサーチ活動を行い、マーケティング戦略を立案。帰国後には、これから海外での仕事やインターンシップを考えている学生を対象に報告会を行う予定。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。