帯広畜産大学と北海道大学が推進する共同獣医学課程が、欧州認証取得にかかわる公式事前診断を受けた。最終審査は2020年の予定。帯広畜産大学と北海道大学は助言を基に教育環境のさらなる充実を図り、欧州認証の取得を目指す。

 帯広畜産大学によると、公式事前診断は欧州獣医学教育確立協会からピエール・ルケ教授、マーク・ゴーニー教授、ジョン・プリングル教授の専門家3人が担当した。帯広地区畜産大学を訪れたルケ教授らは、大学側が事前に提出した自己評価書に基づき、施設を現地調査するとともに、関係者にインタビューして共同獣医学課程が認証の取得に必要な条件を満たしているかどうか詳しく審査した。

 帯広畜産大学は2013年、学長直轄の特別組織として獣医学教育国際認証推進室を設置、国際水準の教育プログラムを導入して欧米の国際認証取得を目指している。

 日本の獣医師国家試験には獣医師としての素養や技術を評価する側面に乏しく、欧米の評価基準と大きくかけ離れているのが現状。欧米の認証を取得しなければ獣医学教育の国際化から取り残されるばかりか、アジアの獣医学教育を先導できず、獣医学教育の質保証がないことで畜産物の輸出入を制限される可能性もあるという。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。

大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。