静岡大学と浜松医科大学は、それぞれの強みや特色を活かし、光技術を基礎とした医工連携分野に精通した光医工学の高度専門人材の育成を目的とする共同教育課程「光医工学共同専攻(後期3年博士課程)」を2018年4月に開設する。

 「光医工学共同専攻」は、静岡大学のセンシング技術やイメージング技術、生体情報信号取得技術、浜松医科大の革新的医療技術と新規医療機器の開発など、両大学のもつ世界最先端の研究分野および研究成果を学生・教員・研究のレベルで融合し、教育課程を展開していくのが特色。

 両大学が共同して教育課程を編成・実施する大学院で、光医工学分野の高度な教育と研究指導を行う。入学学定員は静岡大学5名、浜松医科大学3名で、専任教員は静岡大学8名、浜松医科大学7名の予定。
また、静岡大学の電子工学研究所、光創起イノベーション研究拠点、浜松医科大学の光尖端医学教育研究センター、はままつ次世代光・健康医療産業創出拠点を共同の研究の場とすることで、企業の研究者等と人事交流、技術指導の享受が可能となる。

 「光医工学共同専攻」の入学者選抜方法等については、2017年9月中に両大学のホームページで公表する予定。

出典:【浜松医科大学・静岡大学】光医工学共同専攻設置

 

浜松医科大学

単科医科大学として社会に貢献し、世界に光医学を中心とした研究成果を発信する特色のある大学を目指す。

高度な知識・技術及び豊かな人間性と医の倫理を身に付けた優れた臨床医・看護専門職並びに医学研究者・看護学研究者を養成します。 近隣の自治体と協力して総合診療医の養成を意欲的に進め、日本のモデルとなることを目指しています。[…]

静岡大学

「自由啓発・未来創成」 質の高い教育と創造的な研究を推進し、社会と連携し、ともに歩む存在感のある大学。

教育・研究・社会連携の柱として、「自由啓発」を発展的に継承していきます。 平和で幸福な「未来創成」を目指し、教育、研究、社会連携に積極的に取り組みます。 静岡大学に関わるすべての人々が、互いに信をおき、学びあい、それぞれの多様性を尊びながら、「自由啓発・未[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。