東北大学、東京書籍株式会社、株式会社ACCESS、日本マイクロソフト株式会社は、「小・中学校におけるデジタル教科書 学習履歴データ収集と分析」をテーマとする実証研究を、東京都荒川区立第三峡田小学校と荒川区立第三中学校で、2017年10月から開始する。

 2016年12月16日に提出された文部科学省の「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議の最終まとめによると、2020年から「デジタル教科書」の導入が順次進んでいくと予想される。デジタル教科書・教材の一般的な特長としては、「主たる教材である教科書を中核とした良質な学習コンテンツ」であることを前提とした上で、「音声による読み上げ」、「動画による視覚的な説明」、「文字や図版の拡大と縮小」など、理解のしやすさの向上が挙げられる。また児童生徒がデジタル教科書を使用することで、「いつ、どのページをめくったのか」、「教科書・教材のどの部分を注視したのか」といった学習履歴データの取得が可能となり、データに基づいた的確なフィードバック、学年や校種を越えた継続的な指導ができるという期待も高まっている。

 現在、学習履歴データをもとに個々の学習者に最適化された学習方法を提供しようとする試みが一部の教育現場で行われているが、デジタル教科書を用いた学習場面において、積極的に学習履歴を取得・蓄積し、その学習履歴を分析することで、教員が学習履歴データを活用したきめ細やかな指導を行う取組みはまだ行われていない。

 そこで今回は、東北大学 大学院情報科学研究科 堀田龍也教授の監修の下、すでに学習者用デジタル教材を導入している荒川区立第三峡田小学校と第三中学校において、デジタル教科書の操作時に得られる学習履歴データを収集・分析し活用法を研究する。研究は2017年10月から2018年3月末まで行われ、2018年4月を目途に発表する予定という。

東北大学

建学以来の伝統である「研究第一」と「門戸開放」の理念を掲げ、世界最高水準の研究・教育を創造

開学以来の「研究第一主義」の伝統、「門戸開放」の理念、「実学尊重」の精神を基に、数々の教育研究の成果を挙げてきた実績を踏まえ、これらの伝統・理念等を積極的に踏襲し、独創的な研究を基盤として高等教育を推進します。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。