女子大学生が、大佛次郎記念館の活性化に取り組んでいる「大佛次郎記念館活性化プロジェクト(ヨコハマハコいりムスメプロジェクト)」の平成27年度・第二弾として、横浜を代表する文豪・大佛次郎にちなんだ謎解きゲームを9月12日(土)と9月26日(土)に開催します。
このイベントは、大佛次郎記念館としては初の試みとなり、会場に用意されたヒントをたどりながら物語を読み進め、参加者自身の推理と行動力で謎を解き明かすゲームになっていて、文学館を舞台に誰もが楽しめるものになっています。

出典元より

出典元より

横浜生まれの大佛次郎は横浜を代表する作家の一人で、横浜を題材にした作品を数多く執筆しました。そんな横浜に縁のある大佛次郎の記念館は、港の見える丘公園の展望台の南側に位置しており、大佛次郎の功績と生涯を様々な資料で紹介しています。
現在、日本には文学館(文学者の記念館を含む)が数百あると言われていますが、どれもが直面しているのが来場者の減少です。特に文学に馴染みのない若年層の来場が少なく、悩みの種となっています。

そこで、「どうしたら若者に足を運んでもらえるのだろうか?それは若者に考えてもらうのが一番良いはずだ」という考えから、横浜市、横浜市芸術文化振興財団、NPO法人ハナラボが「若者の地域参画による大佛次郎記念館の活性化プロジェクト実行委員会」を立ち上げました。実行委員会を「ヨコハマハコ入りムスメプロジェクト」と称し、参加者を女子学生だけに限定することで若年層だけではなく女性ならではの視点からの活性化も目指しています。

しかも、このプロジェクトは平成26年度文部科学省「公民館等を中心とした社会教育活性化支援プログラム」でもあるので、地域の活性化と今後社会で活躍する女子学生を育てるという両方の役割も担っているのです。
是非、女子学生のアイデアが詰まった「大佛次郎記念館」に足を運んでみてください。

出典:【ヨコハマハコ入りムスメプロジェクト2015】盗まれた次郎の秘宝 〜大佛次郎記念館で謎解きゲームを開催!

横浜市立大学

横浜における知識基盤社会の都市社会インフラとして、教育研究と医療の拠点機能を担う。

横浜市立大学は1882(明治15)年に設立された横浜商法学校が前身となっています。横浜市立大学として教育、研究、医療の知的創造拠点としての役割において横浜の発展に寄与することを目指し、なおかつ優秀なグローバル人材や先端研究の成果と高度医療を横浜から世界へ発信す[…]

横浜国立大学

人々の福祉と社会の持続的発展に貢献するため実践的学術の国際拠点を目指します。

1949(昭和24)年に4つの学校が母体となって横浜国立大学は誕生しました。現実の社会との関わりを重視する「実践性」、新しい試みを意欲的に推進する「先進性」、社会全体に大きく門戸を開く「開放性」、海外との交流を促進する「国際性」の4つを理念とし世界をフィールド[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。