早稲田大学はこれまで入学後に支給を決める奨学金として活用されてきた「小野梓記念奨学金」を2018年度から、首都圏の高校生向け予約奨学金に切り替える。入学前に奨学金を予約しておけば、卒業までの4年間継続支援してくれる。

 早稲田大学によると、小野梓記念奨学金の対象は出身高校が東京都、神奈川、埼玉、千葉の3県にあり、一般入試、センター利用入試、指定校推薦入試、新思考入試、自己推薦入試、スポーツ推薦入試、AO入試の受験者で、父母の給与、年金収入額400万円未満(控除前)か、事業所得金額175万円未満。
奨学金額は年40万円。ただ、各学年で家計状況、学業成績を継続審査する。入学後に支給を決める現行通りの在学生枠も残す。

 早稲田大学は2009年度から、首都圏以外の出身者を対象にした予約型奨学金「めざせ!都の西北奨学金」をスタートさせてきたが、これで全国のどこにいても予約型奨学金を申請できるようになった。
現在の小野梓記念奨学金受給者は変更後の小野梓記念奨学金か、都の西北奨学金のいずれかに予約申請でき、認められればこれまでと同等かそれ以上の奨学金を受け取ることができる。

 都の西北奨学金は従来、一般入試、センター利用入試、指定校推薦入試、新思考入試の受験者に限定していたが、2018年度から自己推薦入試、スポーツ推薦入試、AO入試も対象に加える。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。