筑波大学(茨木県つくば市)社会・国際学群の「全米模擬国連大会派遣団」が、2017年11月3~5日に米国ワシントンDCにて開催された全米模擬国連大会において、前年に引き続き2つの賞を受賞した。社会学類4年次Oinam Maggiさん、国際総合学類3年次Maarten van der Plasさんがベストポジションペーパー賞、団体としては特別賞を獲得した。

 筑波大学の派遣団は、フィリピンの代表団として総会(GA1)、国際連合貿易開発会議(UNCTAD)、国際原子力機関(IAEA)、国際環境総会(UNEA)の委員会にそれぞれ属し、世界中から集まる学生たちと様々な国際問題について議論。大会開催中の3日間は、多様なバックグラウンドを持つ学生たちが協力しながら、多国籍企業の社会的責任、小型武器の不正取引、海洋保全など、様々な問題の解決策を提案した。

 模擬国連とは、1927年にアメリカ合衆国ハーバード大学で創設された「模擬国際連盟」が起源。国際連合での会議を想定し、1人が1国の大使を担当して会議に臨み、外交戦略を立てながら利害関係の異なる他国の大使と交渉する。意見の中で共通項を探しながら、対立点を洗い出し、合意形成して、最後に言語化して決議案という形にまとめていく。情報収取やリサーチ、会議に臨む際の他国との外交交渉を必要とするため、単なるディスカッションのみに終わらないのが特徴だ。

 現在では米国や欧州を中心に20万人以上の大学生や高校生が、授業や課外活動の一環として模擬国連に参加している。また、世界35ヶ国で年間400以上の模擬国連会議が開催されているが、なかでも全米大会は最大規模。この全米大会に筑波大学は2013年に活動を開始して以来、毎年出場している。

参考:【筑波大学】筑波模擬国連 全米模擬国連大会にて2年連続受賞

筑波大学

文系、理系から体育、芸術にまで及ぶ学問を探求し、学際融合、国際化への挑戦を建学の理念とする未来構想大学。

筑波大学は1872(明治)年に開校されたわが国初の師範学校が始まりです。その後、昭和48年に移転を機に東京教育大学から筑波大学へと変わりました。現在の教育体制は9学群、23学類ですが、学生は枠組みを超えて講義を受けることができ、創造的な知性と豊かな人間性を備え[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。

大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。