早稲田大学は、50円で学生に提供する朝食「五重マル50円朝食」を、早稲田キャンパス「大隈ガーデンハウス」で、2017年11月13日から17日までの期間限定で実施している。

 現在、「朝食を欠食する若い世代の割合が24.7%(約4人に1人)」といわれ注目されている。そこで早稲田大学は、学生の食生活改善に対し、協賛企業4社(いなば食品株式会社・株式会社ジェーシー・コムサ・森永乳業株式会社・一般社団法人青森県りんご対策協議会)から商品を提供してもらう「産学共同形式」によって、「50円朝食」を実現させた。2016年11月に実施した“体を温める具だくさんスープ”をテーマとした「50円朝食」が連日完売となり大好評だったことから、2016年に引き続いて開催することとなった。

 今回提供された「50円朝食」の メニューは以下のとおり。
・いなば食品 「カレーシリーズ」 「3種のお豆のチリコンカン」など
・ジェーシー・コムサ 「手のばしナン」
・青森県りんご対策協議会「青森県産りんご」
・森永乳業「ラクトフェリンヨーグルト」

 バランスのとれた朝食メニューを150食限定で提供し、初日となった2017年11月13日には、早朝から50円朝食を求める学生が行列をつくった。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。

大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。