静岡大学(静岡県静岡市)工学部機械工学科 能見公博教授は、ミニ宇宙エレベーター衛星「STARS-Me(STARS-Mini elevator)」の宇宙放出計画を発表。2017年11月9日に浜松キャンパスにおいて記者発表を行った。

 ミニ宇宙エレベーター衛星「STARS-Me」は、地上から宇宙へ人や物を運ぶ宇宙エレベーター構想に向けて運用中の静岡大学1機目「はごろも」の後継。「はごろも」は宇宙エレベーターに使うケーブルの伸展実験中で、「STARS-Me」はケーブル上を昇降機が動く仕組み。

 「STARS-Me」は、2機のCubeSat(一辺10cmの立方体衛星)から構成されており、軌道上においてテザーに繋がれた2機の衛星が分離され、テザー上を超小型移動ロボット(クライマー)が移動する実験を行う。

 能見教授によると「地上から宇宙へと繋げる宇宙エレベーター構想と比較すると、極端に小規模なものになるが、昇降機まで付けた宇宙実験は世界初」という。また、この実験は宇宙エレベーターのみならず、宇宙テザーを利用したミッション、例えば宇宙デブリ除去への応用も視野に入れている。

 なお、「STARS-Me」は静岡大学としては3機目となる衛星で、2019年度に国際宇宙ステーションから宇宙へ放出を行うため、現在、宇宙航空研究開発機構(JAXA)との放出契約手続きを行っている。

静岡大学

「自由啓発・未来創成」 質の高い教育と創造的な研究を推進し、社会と連携し、ともに歩む存在感のある大学。

教育・研究・社会連携の柱として、「自由啓発」を発展的に継承していきます。 平和で幸福な「未来創成」を目指し、教育、研究、社会連携に積極的に取り組みます。 静岡大学に関わるすべての人々が、互いに信をおき、学びあい、それぞれの多様性を尊びながら、「自由啓発・未[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。

大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。