法政大学大学院 石山恒貴研究室と株式会社パーソル総合研究所との共同研究において、40歳以上のミドル・シニア社員を対象とした働き方・就業意識に関する大規模調査実施し、活躍しているミドル・シニア社員に共通する5つの行動特性を発見した。

 株式会社パーソル総合研究所は、2016年から雇用政策・人材マネジメントを専門とする法政大学大学院 石山恒貴教授をプロジェクトリーダーに迎え、産学協同の「ミドルからの躍進を探究するプロジェクト」を発足。ミドル・シニア層の働き方や就業意識に関する実態など、ミドルからの躍進に影響する要因を定量的に調査分析している。

 今回の調査もその一環で、ミドル・シニア社員4,700人を対象としたインターネットによる大規模定量調査と、大手製造業の旭化成エレクトロニクス株式会社・パイオニア株式会社の協力を得て従業員を対象としたインタビュー調査も実施した。

 調査の結果、活躍しているミドル・シニア社員に共通する行動特性の調査において、「仕事を意味づける」「まずやってみる」「学びを活かす」「自ら人と関わる」「年下とうまくやる」の5つの特性=「躍進行動」が浮かび上がった。

 さらに、従業員300名以上の大規模企業に勤めるインターネットモニター2,300名を対象に行った大規模定量調査で、「躍進行動」の実施に基づくミドル・シニア社員のタイプを分類したところ、
・躍進行動全体が平均を大幅に上回る「ハイパフォーマータイプ」
・躍進行動全体が平均よりやや高い「バランスタイプ」
・躍進行動全体が平均より低い「伸び悩みタイプ」
・躍進行動全体が低めだが“年下とうまくやる”行動は平均を上回る「事なかれ・安住タイプ」
・躍進行動全体がかなり低い「不活性タイプ」
に分けられ、「躍進行動」を実践している割合が平均より高い組織内で活躍しているミドル・シニア社員は、半数近く49.3%存在した。

 また、伸び悩んでいるミドル・シニア社員の「躍進行動」の促進に影響を与える要因は、組織内での出世ではなく自身の仕事自体に目を向け、仕事で成長実感や社会貢献性を感じる「自走する力」を身につけることが必要であることもわかった。

参考:【株式会社パーソル総合研究所】法政大学大学院 石山研究室×パーソル総合研究所「ミドルからの躍進を探究するプロジェクト」

法政大学

「自由と進歩」 時代に応える自立型人材を育成

法政大学では、建学以来「自由と進歩」の精神を培ってきました。現在は15学部38学科からなる幅広い学問分野を擁する日本有数の総合大学となっています。自由な発想で新しい問題に挑戦する自立型人材を育成。文部科学省・H26年度「スーパーグローバル大学創成支援(タイプB[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。

大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。