ベビーシッターサービス「キッズライン」※を運営する株式会社カラーズは、慢性的に不足する育児支援システムの課題を解決するため、女子大生を対象に、育児スキルを学ぶ「ベビーシッター認定講座」を実施し、修了後、希望者にワーキングマザーを支えるベビーシッターのアルバイトを紹介するという事業に取り組んでいます。夏休みの第1期の講座に続き、2015年9月14日から第2期の講座を開講しています。

 同講座では、月齢別の育児ポイントやいざという時の対応方法、成長過程ごとの遊びなどの育児ノウハウとアレルギー対応、病児対応、送迎時注意事項などのベビーシッターノウハウを学びます。受講後は、カラーズ認定のベビーシッター資格(民間)が与えられ、数回の実地研修を行い、希望者はアルバイト登録することができます。

女子大生がシッターとして働くことのメリットは、自らスケジュールを決定し、好きな時給で働ける条件面だけではなく、育児スキルを身につけ、ワーキングマザーのライフスタイルを間近で見ることで、自身の就職活動や将来設計に役立てることができるなど、将来に役立つ経験を得られることがあげられます。

第1期の修了生からは、「ワーキングマザーの自宅でのサポートを通じて、仕事と育児の両立イメージができた」「講座で学んで育児スキルが身に付いたので、将来の自分の育児に活かしたい」「子供を育てる大切さ、楽しさを実感し、目からウロコの連続だった」などの感想が寄せられています。

※「キッズライン」とは通常のベビーシッターサービスの3分の1の値段で1時間1,000円~即日手配も可能なオンラインベビーシッターサービスです。

出典:【株式会社カラーズ】【女子大生にベビーシッター資格取得が大人気】就職前に仕事と育児のリアルが学べると資格取得講座に100名が殺到 大好評につき第2期緊急開講決定 

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。