理化学研究所と九州大学の共同研究チームは、ほ乳類の匂いを感じるしくみが神経細胞の「発火タイミング」に基づいて識別されることを明らかにした。

 ヒトは、鼻腔に存在する約400種類の嗅神経細胞によって匂いを検出する。嗅神経細胞によって受容された情報が、匂い情報処理の一次中枢である嗅球でどのような情報処理が行われて匂いの認識に至るのかは依然として不明である。

 たとえば、バナナの甘い匂いは、近くで嗅いでも遠くで嗅いでも明確に「バナナ」だと感じられる。このように匂いの質が濃度によって変わらないしくみはこれまで大きな謎とされてきた。

 今回、共同研究チームは、神経細胞の一過性の電気活動である「発火」に注目し、嗅球の糸球体の細胞の活動を計測した。感覚情報が脳に入力されると、情報を受け取った神経細胞は「発火頻度」や「発火タイミング」を変化させることが知られているが、本研究により、発火頻度はダイナミックに変化しているが、一方で発火タイミングは極めて安定で、匂いの種類をより正確に区別できることが明らかになった。つまり、匂いの濃度が変化しても種類が変わらないように感じられる理由の一つとして、発火タイミングが安定していることがあげられることが示された。

論文情報:【Neuron】Mechanosensory-Based Phase Coding of Odor Identity in the Olfactory Bulb

九州大学

日本の様々な分野において指導的な役割を果たし、広く全世界で活躍する人材を輩出し、日本及び世界の発展に貢献する

「基幹教育」と「専攻教育」から成立する学部教育。生涯にわたって学び続けることを幹に持ち、行動力を備えたアクティブ・ラーナーへと育つ力を培います。深い専門性や豊かな教養へとつながる知識・技能と、新たな知や技能を創出し未知な問題を解決するもとである「ものの見方・考[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。