仕事による身体の不調のなかでも、特に多い症状である腰痛。さまざまな職場で、腰痛予防対策が求められています。9月9日、北海道大学は、株式会社ニコンと共同で、リアルタイムで腰の負担を可視化することができるセンサ内蔵ウェアを開発したと発表しました。いつ、どのような作業で、どの程度の負担がかかるのかを察知することができれば、腰痛の要因となる危険姿勢を避けることができ、また作業・労務管理、業務改善をする上で有益な情報を得ることができます。

開発されたウェアはベルトやコルセットのように腰に巻きつけて着用します。内蔵バッテリで駆動し、バッテリ込みで273gと軽量、かつ柔軟素材でできているため身体の動きを妨げません。背面に設置されたセンサ群によってレントゲンと同等の精度で腰椎形状を推定し、同時に筋骨格力学モデルにもとづいて腰部負荷推定を行うことができます。同大は、介護施設において実証実験を行い、介護作業にともなう介護士の腰の負担を長時間計測し、記録することに成功しました。

今後は介護施設などの労働現場で活用できる製品・サービスとしての展開を目指しており、作業中の腰負荷データを蓄積しビッグデータ解析することで、腰負荷の軽減だけでなく、労働現場における人員配置の最適化など、業務改善につながるソリューションの提供を行うべく開発を進めていくとしています。

出典:【北海道大学】着るだけで腰の負担が見えるセンサ内蔵ウェアの開発に成功(PDF)

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。