立命館大学文学部 矢野健一教授、総合科学技術研究機構 熊谷道夫教授は、2017年12月14日に水中ロボットを用い、滋賀県長浜市の葛篭尾崎(つづらおざき)湖底遺跡探査を実施。飛鳥時代から奈良時代に製作された土師器(はじき)の甕(かめ)と推定される完全な形の土器を発見した。

 琵琶湖葛篭尾崎湖底遺跡の調査は、水深70m付近まで及ぶことや激しい水流が影響することから、人間による潜水調査が極めて困難であるため、研究グループが製作した水中ロボットなどを活用し、2010年から2017年にかけて16回にわたって行われてきた。

 これまで行われてきた調査で、葛籠尾崎南端沖から竹生島方向に張り出した南側水域では、北東側水域に数多くみられる縄文時代から古墳時代にかけての土器の分布が非常に少なく、6世紀から12世紀頃の須恵器か土師器の坏(つき)とみなしうるものの分布密度が高いことを初めて確認するといった成果をあげてきた。しかし、湖底から土器が発見される理由は解明されておらず、謎に包まれている。

 今回の調査では、これまでと同じように葛籠尾崎南端の水深71.5メートルの地点で、飛鳥時代から奈良時代の製作された土師器の甕と推定される土器が完全な形で見つかり、映像の取得にも成功。この映像は発見地点の座標を特定する最深地点での映像となり、学術的に貴重なもの。認定NPO法人びわ湖トラスト・いであ株式会社・TBSテレビが協力し、いであ株式会社の所有する水中ロボットが使用された。

 発見された土器は、これまでこの水域で発見されてきた土器と時代の近いものであるが、形態が異なるため、現状では意図的に沈めたものとは考えにくい状況だという。今後、研究グループでは、水中ロボットが至近距離で撮影した画像の画像処理技術によって精細化することや、調査水域・調査方法の拡張、出土土器の湖成鉄の詳細な分析を進めていく予定だという。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。