理化学研究所、東京医科歯科大学などの共同研究チームは、大規模な解析により新しいぜんそく関連遺伝子と、ぜんそくと自己免疫疾患や炎症性疾患との関係、感染などへの免疫応答の関与などの手がかりを発見した。

 ぜんそくは多因子疾患であり、罹患率や遺伝子要因のぜんそくへの寄与率の推定値は国や人種によって大きく異なる。これは、ぜんそくは環境の違いに左右されやすく、症状も多様であるからだ。これまで20の研究からぜんそくとの関連が認められた遺伝子座はわずか21である。

 ぜんそく関連の新しい遺伝子座を発見するため、世界中の研究者グループで構成される「国際共同研究トランスナショナルぜんそく遺伝学コンソーシアム」が設立。共同研究チームも参画した。現在最大規模となる世界中の多集団(142,000人以上)で大規模ゲノムワイド関連解析を行った。

 その結果、人種や環境の違いに左右されにくい、ぜんそくのリスクとなる18遺伝子座と878の一塩基多型(SNP)*の包括的なカタログを構築。ぜんそくに関連する5遺伝子座を発見した。また、ぜんそくと花粉症の併発症で示唆されていた2遺伝子座内に、既知のものと異なる新しいぜんそく関連SNPも発見。解析により、これらは自己免疫疾患や炎症性疾患の関連SNPと大きく重なることが分かった。同時に、ぜんそく関連SNPが、免疫関係の制御を担っている可能性も示された。

 今回の成果は今後、ぜんそく発症のメカニズムの解明や関連する分子ターゲットの発見によって、効果的なぜんそく薬が期待できる。また、発見されたSNP群は、ぜんそくの発症リスクを予測する疾患遺伝子マーカーとしての活用が考えられる。

*集団のゲノム配列中でみられる一塩基の違い(個人差、多様性)で、特に、集団の1%以上に違いが認められる場合に、一塩基多型と呼ぶ。

論文情報:【Nature Genetics】Multiancestry association study identifies new asthma risk loci that colocalize with immune-cell enhancer marks

東京医科歯科大学

知と癒しの匠を創造し、人々の幸福に貢献する国立医療系総合大学。

東京医科歯科大学は東京高等歯科医学校を母体に1946(昭和21)年に設立されました。現在では医学部、歯学部、大学院、研究所、附属病院などで構成される、医療系総合大学院大学です。特に歯学部は国立大学最古の歴史と伝統を有しています。設立以来人々の健康と社会の福祉に[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。

大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。