新潟大学、京都大学、防災科学技術研究所が共同で、積雪の重さが集落ごとに分かる情報システム「雪おろシグナル」を開発。積雪の高さだけではわからない屋根の雪の重さを示すことで、建物の倒壊を防ぐ雪下ろし作業のタイミングの判断に役立つとしている。2018年1月9日から新潟県で活用を開始し、HPで無料閲覧できる。

 これまで、新潟大学災害・復興科学研究所、京都大学大学院工学研究科では、全国の積雪量を把握するため、WEB上で公開されている気象庁、自治体、国土交通省などの積雪深の情報を収集し、分布図として示す「準リアルタイム積雪分布監視システム」を開発・運用してきた。

 今回は、同システムで収集された積雪深の情報と防災科学技術研究所が開発した積雪の重さを計算するシステムを組み合わせ、新潟県内の積雪深から屋根に積もった積雪の重さを推定する「積雪荷重計算システム」を共同で開発した。

 この積雪荷重計算システムを用いた「雪おろシグナル」では、地図上に、雪重量分布情報を表示し、雪下ろしの基準となる積雪深1m以上を黄色、建物倒壊がみられる積雪重量を赤色で示している。また、特定の場所の積雪重量や、雪下ろし実施日を指定することで現在の積雪重量を知ることもできる。

 今回のこの取り組みは、共同研究で行ってきた積雪重量分布推定首相の開発成果が雪国の安全な生活向上のために実装される初めての事例となる。

新潟大学
京都大学

「自重自敬」の精神に基づき自由な学風を育み、創造的な学問の世界を切り開く。

自学自習をモットーに、常識にとらわれない自由の学風を守り続け、創造力と実践力を兼ね備えた人材を育てます。 学生自身が価値のある試行錯誤を経て、確かな未来を選択できるよう、多様性と階層性のある、様々な選択肢を許容するような、包容力の持った学習の場を提供します。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。