秋田県立大学生物資源学部の蒔田明史教授、山形大学学術研究院の富松裕准教授を中心とする研究グループは、チシマザサが森林の中で密生していく過程で、成長の速いクローンが生き残り、森林内の比較的明るい場所から暗い場所へと広がっていくことを明らかにした。

 ササ類は地下茎を伸ばして広がり、数十メートルにもおよぶクローンを形成することが分かっている。このようなクローナル植物は、水や光、無機養分などの資源が豊富な場所を探索し有効利用すると考えられてきたが、野外において植物がどのようにそれらの資源を探索するのかは調査が難しく、これまでほとんど研究例がなかった。

 同研究グループは、1995年に十和田湖畔のブナ林で開花・枯死したチシマザサ集団を追跡し、異なる光環境下で、チシマザサが再びどのように密生していくか、その過程を分析した。その結果、成長の速いクローンほど生き残りやすく、地下茎を伸ばして広がること、また、条件の良い場所で速く成長したクローンが、光の乏しい林内へも広がっていくことにより、森林全体でチシマザサが密生するようになることを明らかにした。

 ササのように地下茎を伸ばして広がる植物には、侵略的外来種など、陸上生態系における優占種が多く含まれているため、本研究成果は、これらの植物が密生するメカニズムを解明する手がかりになることが期待される。

論文情報:【Ecology and Evolution】Genet dynamics of a regenerating dwarf bamboo population across heterogeneous light environments in a temperate forest understorey

東北大学

建学以来の伝統である「研究第一」と「門戸開放」の理念を掲げ、世界最高水準の研究・教育を創造

開学以来の「研究第一主義」の伝統、「門戸開放」の理念、「実学尊重」の精神を基に、数々の教育研究の成果を挙げてきた実績を踏まえ、これらの伝統・理念等を積極的に踏襲し、独創的な研究を基盤として高等教育を推進します。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。