千葉大学、東北大学、高知大学の共同研究グループは、ショウジョウバエの集団内の行動を比較し、行動の個性の多様さが集団の生産性や安定性を高めることを発見した。

 キイロショウジョウバエには、餌を探索する際に活発に動き回るせかせか型(Rover型)と、あまり動かずに採餌を行うおっとり型(sitter型)の2つの個性が遺伝子的に共存することが知られている。これをモデル動物として、個性の多様さが集団の生産性や持続性に与える影響を検証した。

 同グループは、餌をめぐる競争において少数派が有利になる環境(低栄養条件)とそうでない条件(高栄養条件)を実験的に作り出し、2つの個性(せかせか型、おっとり型)を単独あるいは混合して飼育して、生産性(生存率や集団全体の体重)を比較した。その結果、低栄養条件では、おっとり型のみ、あるいはせかせか型のみの集団に比べて、両者が混在する「多様性のある集団」の生産性が最も高まった。

 これは、餌を探索する行動に個性があることで、資源をめぐる集団内の競争が緩和されたことが一因だと考えられる。また、多様性のある集団ほど、環境条件を変えても安定して高い生産性を保つこともわかった。

 本研究成果により、多様性の機能に関する正しい理解が進むことで、生物の効果的な保全や農作物の生産効率の向上だけでなく、社会での多様性の効果的活用に貢献できると期待される。

論文情報:【Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences】Balanced genetic diversity improves population fitness(PDF)

東北大学

建学以来の伝統である「研究第一」と「門戸開放」の理念を掲げ、世界最高水準の研究・教育を創造

開学以来の「研究第一主義」の伝統、「門戸開放」の理念、「実学尊重」の精神を基に、数々の教育研究の成果を挙げてきた実績を踏まえ、これらの伝統・理念等を積極的に踏襲し、独創的な研究を基盤として高等教育を推進します。[…]

千葉大学

「つねに、より高きものをめざして」を理念とする未来志向型大学

千葉大学は自由、自立の精神を堅持して、地球規模的な視点から常に社会とかかわりあいを持ち、普遍的な教養(真善美)、専門的な知識、技術、技能および高い問題解決能力をそなえた人材の育成、ならびに現代的課題に応える創造的、独創的研究の展開によって、人類の平和と福祉なら[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。