中京大学と名古屋市立大学は地域社会への貢献を目的に包括連携協定を結んだ。教育、研究、社会貢献の各方面で連携し、人材育成に努めるとともに、当面は名古屋市立大学の医学と中京大学のスポーツ科学の知見を活用して東海地域の発展に寄与する。

 中京大学によると、協定の締結式は名古屋市昭和区の中京大学名古屋キャンパスで開かれた。安村仁志中京大学学長、郡健二郎名古屋市立大学学長ら両校関係者ら27人が出席。両学長が協定書を交わして協力関係の発展を約束し合った。

 郡学長は「大学は少子化で生き残りレースに入っているが、協定締結した限りは互いに幸せになりたい」とあいさつ。安村学長は「1つの大学でできないことも2つの大学が共同すれば可能になる。夢のあることをどんどんやっていきたい」と応えた。

 このあと、協定記念のシンポジウムが清明ホールで開かれ、フィギアスケーターで中京大学大学院体育学研究科修士課程修了の小塚崇彦さんが講演。続いて、高橋繁浩中京大学スポーツ科学部長をコーディネーターに、和田郁雄名古屋市立大学大学院医学研究科教授、奥津光晴名古屋市立大学大学院システム自然科学研究科講師、清水卓也中京大学大学院体育学研究科教授がパネリストを務め、「運動していますか? 健康なからだづくり」と題して意見交換した。

名古屋市立大学

世界をリードする大学を目指す。 誇りを持ち、愛される名市大。

あらゆる機会を通じて幅広い視野と教養、「共生」の精神、豊かな創造性を身につけ、目的意識と主体性を持って、地域社会及び国際社会に貢献することができる人材を育成します。 知性と教養に溢れ、創造力に富んだ次世代を担う有為な人材を輩出します。[…]

中京大学

深い知識と幅広い教養を兼ね備えた人材を育成。多彩な個性が集結する11学部18学科の総合大学

11学部18学科を擁する全国有数の総合大学。年間600名以上の海外留学生、就職率97.6%、過去5年間全公務員試験合格者数2,700名以上など高い実績を誇ります。 “経験”を通じ可能性と将来像を描く「気づき」の場。ビジョン実現に必要な専門性を身につける「学び[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。