においを感じるためのタンパク質である「嗅覚受容体」は、鼻の神経に存在し、空気中のにおい物質を感知する働きを担っている。今回、東北大学大学院医学系研究科、同医工学研究科、大阪大学大学院医学系研究科の共同研究グループは、ヒトやマウスなどで、鼻だけでなく膵臓のインスリン分泌細胞(β細胞)にも複数の嗅覚受容体が発現していることを世界で初めて発見した。

 同研究グループは、嗅覚受容体の一つであるOlfr15に着目し、さらに研究を進めた。その結果、におい物質の一つであるオクタン酸をマウスに経口投与するとインスリンの分泌が促進され、高血糖が改善されることを明らかにした。

 今回の発見は、我々日本人にとって注目すべき発見である。なぜなら、糖尿病は様々な原因で血糖値が上昇する疾患であるが、我々日本人を含むアジア民族では、特にインスリン分泌の低下が重要な原因としてあげられるためである。従って、今回発見された膵臓β細胞の嗅覚受容体を介したインスリン分泌の促進は、日本人の糖尿病治療のニーズに合致したものであるといえる。今後、膵臓β細胞に発現する嗅覚受容体に作用する物質を探索することで、糖尿病の新しい治療薬の開発が期待される。

論文情報:【Scientific Reports】Olfactory receptors are expressed in pancreatic β-cells and promote glucose-stimulated insulin secretion

東北大学

建学以来の伝統である「研究第一」と「門戸開放」の理念を掲げ、世界最高水準の研究・教育を創造

開学以来の「研究第一主義」の伝統、「門戸開放」の理念、「実学尊重」の精神を基に、数々の教育研究の成果を挙げてきた実績を踏まえ、これらの伝統・理念等を積極的に踏襲し、独創的な研究を基盤として高等教育を推進します。[…]

大阪大学

物事の本質を見極め、世界に羽ばたく。 「地域に生き世界に伸びる」ことをモットーに社会の課題に応える。

多様性を受け入れ、変化への柔軟性を発揮し、個性を貴ぶ気風。個々の優れた潜在力を活かし、「一人ひとりの真価」を「阪大の進化」に繋げていくことで大学の基盤を築いていきます。 「対話の促進」「自律性の堅持」の基本理念を特に重視し、キャンパス内で広く実行されていくこ[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。