三重大学とロート製薬株式会社は、2018年1月26日、アカデミアの知見と製薬会社のノウハウを融合し、新たな健康素材の発見などを通じて、三重県の地域活性化に取り組もうと共同研究を締結した。

 三重県は全国で肥満度が最も低く、健康寿命も女性全国8位、男性全国10位(厚労省2015年調査)と、健康でご長寿な県といえる。これまで三重県人の生活を支えてきた三重県固有の素材は“シャクヤク”など約100種類ほどあり、古くから健康に良いと言われてきた。

 今回の共同研究では、三重大学とロート製薬株式会社が協力し、三重県独自の食品素材が何にどう良いのかその機能性を探索する。特に三重県が生んだ江戸時代中期の本草学者、野呂 元丈(のろ げんじょう)や丹羽 正伯(にわ しょうはく)などが作りあげた「本草学(ほんぞうがく)※」を現代に合わせて研究し、新しい健康学の確立を目指す。

 また、2020年2月にオープン予定の三重県多気町の複合施設「アクアイグニス多気」では、この「本草学」を施設コンセプトのひとつとし、学問の発信や薬草湯や健康商品などを提供していく予定。

 ※本草学とは、疾病治療に使用する薬物(動植物、鉱物)を研究する学問。中国で発達し、日本では奈良時代以来、本草学に関する書物が読まれ、10世紀には『本草和名』という、本草の和名を漢名と対比した書物が編纂された。

出典:【三重大学】三重大学とロート製薬が共同研究を締結

三重大学

三重の力を世界へ 地域に根ざし、世界に誇れる独自性豊かな教育・研究成果を生み出す ~人と自然の調和・共生の中で~

課題探求心、問題解決能力、研究能力を育てるとともに、学際的・独創的・総合的視野をもち、国際的にも活躍できる人材を育成します。 優れた研究成果を発信する地域における「知」の拠点としての役目を担い、「人類福祉の増進」「自然の中での人類の共生」「地域・国際社会の発[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。