岩手県立大学のソフトウェア情報学部ソフトウェア設計学講座が、株式会社DNPデジタルコムと共同でBLE(Bluetooth Low Energy)ビーコン(発信機)を利用して高精度に屋内位置が測定できるスマートフォンアプリ組み込み用のソフトウェア開発キット(SDK)を開発、9月25日に発売しました。

従来の方法では、1つのBLEビーコンの電波で測位を行うため安定したナビゲーションが難しいという点がありましたが、今回開発されたSDKは、複数のBLEビーコンからの電波を受信し独自アルゴリズムによって利用者の現在地を高精度に測定できるので、これまで困難とされていた、大きな吹き抜け空間などでの測位精度が大幅に向上しました。

さらにこれまでは予め電波状況を調査し、測位用ビーコンの設置場所を決める必要がありましたが、今回のSDKによって導入時の事前作業が大幅に削減されるようにもなります。利用者にとっても、複雑な構造の大型施設や駅構内など、今まではGPSが利用できなかった屋内空間で円滑な現在地の把握が実現されるだけでなく、BLEビーコンの電波のみで測位するため端末を常に手に持っている必要がなく、ポケットやバッグに入れた状態でも測位が可能になります。

現在、既に駅などの公共交通施設向けのナビゲーションアプリでの使用が決定しており、DNPデジタルコムでは今後、大型のショッピングセンターや空港などの複合施設向けのアプリ開発にも取り組む意向です。

出典:【株式会社DNPデジタルコム】DNPデジタルコムと岩手県立大学 ナビゲーションアプリ用、屋内測位機能のソフトウェア開発キット(SDK)を共同開発

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。