名古屋大学などの研究グループは、若年性骨髄単球性白血病(Juvenile myelomonocytic leukemia; JMML)の小児患者で包括的遺伝子解析を行い、新たな原因遺伝子を発見したことを報告した。

 JMMLは、乳幼児期におこる難治性小児がんの一種。これまでの研究で、RAS経路(細胞増殖に関連した細胞内のシグナル伝達経路の一つ)に関連した5つの原因遺伝子が見つかっていたが、一部の症例の原因遺伝子はわかっていなかった。

 本研究グループは、150人のJMML患者について、次世代シーケンサーという強力な解析法を駆使した様々な遺伝子解析を行った。その結果、RAS経路遺伝子に異常を認めない3人の患者から、ALK/ROS1チロシンキナーゼが関連した異常な遺伝子の融合を発見した。うち2人は標準的な治療(化学療法や骨髄移植)に反応せず、発症後、早期に死亡しており、非常に予後不良であると考えられた。もう1人の患者は、研究期間中に発症し、幸運なことに診断後早期にチロシンキナーゼ融合遺伝子を同定することができたため、既に肺がんなどの治療に使用されているチロシンキナーゼ阻害薬を用いた標的治療を行った。すると、投与開始後およそ1か月で腫瘍細胞がほぼ完全に消失し、病気を完治することができた。

 また、全メチル化解析の結果では、JMML患者の中に、遺伝子の制御に関わるDNAのメチル化に異常をきたした「高メチル化群」が存在することがわかり、他の患者と比べて非常に予後が不良であることを発見した。

 これらの成果から、チロシンキナーゼ関連融合遺伝子に対する阻害薬を用いた治療や、DNAメチル化に基づく層別化治療(疾患の悪性度に応じた適切な強度の治療を行う方法)の開発により、今後のJMMLの治療成績向上が期待されるとしている。

論文情報:【Blood】Integrated molecular profiling of juvenile myelomonocytic leukemia

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

京都大学

「自重自敬」の精神に基づき自由な学風を育み、創造的な学問の世界を切り開く。

自学自習をモットーに、常識にとらわれない自由の学風を守り続け、創造力と実践力を兼ね備えた人材を育てます。 学生自身が価値のある試行錯誤を経て、確かな未来を選択できるよう、多様性と階層性のある、様々な選択肢を許容するような、包容力の持った学習の場を提供します。[…]

名古屋大学

総合的かつ自主的な判断力を持つ豊かな人間性を有する人材の育成

基礎技術を「ものづくり」に結実させ、そのための仕組みや制度である「ことづくり」を構想し、数々の世界的な学術と産業を生む「ひとづくり」に努める風土と、既存の権威にとらわれない自由闊達な学風の上に、真の勇気と知性をもった未来を切り拓く人を育てます。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。