日本学生支援機構(JASSO)では、学生支援(奨学金、留学生支援、学生生活支援)の推進を図るための調査研究事業を募集している。

 対象者は、大学、短期大学、高等専門学校、専修学校(専門課程)の教職員、企業等の職員で研究を行っている者及び博士後期課程の学生。調査研究事業の例は、①日本学生支援機構が実施する各種調査の分析、②日本学生支援機構 が実施する事業の効果分析、③日本学生支援機構 が普及・推進を図る取組の効果分析、④日本学生支援機構が所蔵する史料の整理・分析、⑤海外の学生支援に係る制度に関する調査・分析としている。

 研究期間は、原則1年以内。採択される事業件数は 5件程度を予定。謝礼は、研究成果報告書の提出・研究成果の講演に対し1件当たり謝金(上限100万円)を支給する。審査は、日本学生支援機構のの役員及び外部有識者で構成される委員会で審査し、理事長が採択案件を決定する。結果は2018年4月中に通知、発表予定。応募締め切りは、2018年2月28日必着。

参考:【日本学生支援機構】学生支援の推進に資する調査研究事業(JASSOリサーチ) の創設及び公募について

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。