昭和女子大学が独自に実施している社会人メンター制度を利用した学生が、1万人を突破した。学生がグループや個人で社会人メンターと面談し、卒業後のキャリアプランやライフスタイルを相談する制度で、学生の就職率向上などに役立っている。

 昭和女子大学によると、メンターとは仕事上の指導者、助言者を意味する。毎年、春と秋に学生の助言者となる社会人を公募している。現在のメンター数は約300人。8割が昭和女子大学以外の出身者で、30~50代を中心に多様な職業経験を持つ女性が登録されている。

 制度は2011年にスタートし、2017年までに延べ1万146人の学生が利用した。2年目の2012年以後は毎年、1,000人を超す学生が利用しており、2017年は過去最高の2,316人の利用者があった。

 女性の活躍推進へ社会の期待が高まる中、将来に漠然とした不安を抱え、自信を持てない女子学生が増えている。将来の仕事と子育ての両立にも、不安を抱える学生が多いだけに、ロールモデルとなるメンターの助言が、社会へ出てキャリアを積み、自分らしく働こうとする意欲を高めさせているという。

 利用学生は2、3年生が多く、就職活動前に長期的な視点で仕事の内容や自分の将来像を考え、自分の未来をイメージしている。社会人メンターは学生の夢実現に向けてアドバイスすることで、自己肯定感を得るだけでなく、コーチング力がアップすると評価されている。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。