2018年3月2日、上智大学などを運営する学校法人上智学院(東京都千代田区)とANAホールディングス株式会社(東京都港区)は、「世界をつなぐ」という共通理念を実現することを目的として、連携協定を締結した。

 上智学院とANAホールディングスは、さまざま活動において連携を行ってきた。これまで上智大学アジア人材養成研究センターが展開するアンコール・ワット遺跡保存修復活動をはじめ、インターンシップ科目での実習協力、上智大学グリーフケア研究所「グリーフケア人材養成講座」への支援、上智学院職員とANA社員を相互に出向させる人材交流などを実施している。

 これらの活動に加え、2018年度秋学期からはANAグループの役員および社員を講師として上智大学に迎え、株式会社ANA総合研究所と上智大学による連携講座「企業経営論(エアライン)」を開設。この講座は、ANAホールディングの有するエアラインビジネスについての知見を詳述するもので、航空業界をはじめ企業で活躍する人材の育成に役立てていく。

 連携協定締結の背景には、「世界の人々と共に歩む『隣人性』と『国際性』を貫く『叡』が世界をつなぐ」という建学の理念を有する上智学院と、「安心と 信頼を基礎に、世界をつなぐ心の翼で夢にあふれる未来に貢献します」というANAホールディングスの経営理念はともに「世界をつなぐ」という共通理念がある。

 この協定締結により、上智学院とANAホールディングとの関係を一層強固なものにし、相互の人的・知的資源を活用した産学連携事業を強力に推進するほか、国内はもとより、世界に向けて社会貢献、社会的責務を果たしていくという。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。