村田製作所、大阪大学、中部大学、香川大学、京都府立医科大学からなる産学連携チームは、ナノテクノロジーに関する世界最大級の総合展・技術会議「nano tech 2018」(2月14~16日、東京ビッグサイト)で産学連携賞を受賞。受賞理由は手のひらサイズのセンサーを使いインフルエンザウイルスを短時間で測定できる技術の開発だ。

 このセンサーに唾液や糞を付着させると、ウイルスが数個含まれれば数分で検出できる。従来の技術ではウイルスを100万個程度まで増やさないと検出できなかった。新型センサーは、例えば死んだ鳥の糞を検査してヒトに感染するウイルスが含まれるとわかれば、海外産なら未然に輸入を防げる。動物園で死んだ鳥が感染していれば、速やかに対応策を講じることができ、従来のように長期間休園しなくてもすむ。現在はヒトに感染する鳥インフルエンザの検査を目的にしているが、糖鎖の種類を変えれば様々なウイルスに対応できる。研究チームは今後、吐息でも様々なウイルス感染がわかる小型センサーの開発も目指すとしている。

 センサーには2010年にノーベル物理学賞受賞対象となった炭素素材グラフェン(シート状炭素分子)を用いた。グラフェン表面にヒト由来の糖鎖を修飾しておく。糖鎖が唾液などに含まれるインフルエンザウイルスと結合すると電流が変化する。センサーにはUSB端子が付いており、パソコンから電源を供給できる。5年以内の実用化を目指すという。

 今回、産学連携賞の対象となったのは、科学技術振興機構(JST)が推進するプログラムの1つCRESTの中のテーマ。タイトルは「糖鎖機能化グラフェンを用いた二次元生体モデルプラットフォームの創成」。大阪大学の松本和彦教授が代表を務める。

大阪大学

物事の本質を見極め、世界に羽ばたく。 「地域に生き世界に伸びる」ことをモットーに社会の課題に応える。

多様性を受け入れ、変化への柔軟性を発揮し、個性を貴ぶ気風。個々の優れた潜在力を活かし、「一人ひとりの真価」を「阪大の進化」に繋げていくことで大学の基盤を築いていきます。 「対話の促進」「自律性の堅持」の基本理念を特に重視し、キャンパス内で広く実行されていくこ[…]

中部大学
中部大学

実社会で通用する真の実力を養う7学部26学科がワンキャンパスに集まる総合大学

約1万人がワンキャンパスで学びます。好奇心に応える施設設備、社会から研究依頼が舞い込む研究室、各分野で評価の高い教授陣が、あなたの創造力を刺激。「やりたいことができる、なりたい人になれる」大学です。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。