千葉大学とイオン株式会社は、世界で活躍できるグローバル人材の養成と、産学連携に基づく地方創生事業の活性化を目指し、2018年3月14日に包括的連携協定を締結、締結式を行う。

 イオン株式会社と千葉大学は、ともに千葉を重要な拠点としている。そこで、今回の協定によって、千葉の商業・観光などの地域経済の振興、医療・看護などを通した地域の健康支援、地域の環境保全など、広く地域社会の活力の維持と地方創生に関わる課題を協力し、解決を目指していく。

 締結式が行われた後は、千葉大学西千葉キャンパスけやき会館1階大ホールで、記念シンポジウム「 アジア・ユーラシアから考える 国際化・地方創生・人材養成-大学からの発信-」が開催される。アジア・ユーラシア世界を照準とした「国際化」と、千葉県域の「地方創生」を視野に収め、両者を架橋していくことのできる人材の養成と、こうした人材養成を実現できる大学・大学院などの教育改革について考える。開催時間は、14時~16時15分。参加費無料、申込不要。

 今後も、千葉大学とイオン株式会社は、世界に視野を拡げグローバルに思考し、同時に地域の課題解決に貢献できる人材養成に向けて協力していく考え。

千葉大学

「つねに、より高きものをめざして」を理念とする未来志向型大学

千葉大学は自由、自立の精神を堅持して、地球規模的な視点から常に社会とかかわりあいを持ち、普遍的な教養(真善美)、専門的な知識、技術、技能および高い問題解決能力をそなえた人材の育成、ならびに現代的課題に応える創造的、独創的研究の展開によって、人類の平和と福祉なら[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。