東京大学大学院教育学研究科附属学校教育高度化・効果検証センターと富士通株式会社は、富士通研究所が開発した部屋全体をデジタル化する「空間UI技術」を使い、アクティブラーニングでの生徒の活動の“見える化”を行う共同実証実験を、東京大学教育学部附属中等教育学校の授業において、2018年4月10日から2019年3月20日まで実施する。

 近年、教育の現場では、生徒が自らの考えを積極的に発信するアクティブラーニングの一環として、グループで課題のゴールに向けて取り組む協働学習が授業に取り入れられている。協働学習では最終結果に至ったプロセスも重要な良否判定の基準となるが、授業では、紙と鉛筆、黒板などが使われ、成果物ができるまでの流れを把握することが難しいのが現状だ。

 空間UI技術は、教室内にプロジェクターとカメラを組み合わせた装置を複数設置し、空間全体を一つのウィンドウシステムとしてまるごとデジタル化する。スマートデバイスからの持ち込み資料や、デジタル付箋に書いたメモを大画面で共有でき、生徒が顔をあげて議論することができる。今回の実験では、これらの既存の空間UI技術に活動データを取得する技術を追加する。デジタル付箋などのコンテンツの内容や作成・操作履歴、それに関わった人数や動きを紐づけて時系列に収集でき、コミュニケーションの流れをダッシュボード上で見える化する。これにより、教員は、生徒一人ひとりの活動状況から最終結果に至ったプロセスまでを把握することができ、授業の振り返りを行うことができる。

 東京大学と東京大学教育学部附属中等教育学校では、2005年度から協働学習の手法を研究する中で、ICT(情報通信技術)の活用の有効性に着目。2017年度からは空間UI技術を導入した教室で協働学習の授業の実践を進めてきた。今回、協働学習のコミュニケーションを見える化することで、生徒一人ひとりの動きと学習のゴールに向けた全体過程が把握できるようになり、協働学習の新たな手法の確立につながると期待している。

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。