東京工業大学は、東京都目黒区の大岡山キャンパスに日本人学生と外国人留学生が交流する新施設を建てる。東工大OBで、飲食店検索サイト「ぐるなび」の滝久雄会長からあった多額の寄付を事業費に充て、2020年10月のオープンを目指す。

 東工大によると、新施設は地上2階、地下2階建てで、延べ床面積約5,000平方メートル。寄付した滝夫妻の名前を取り、「ヒサオアンドヒロコタキプラザ」と命名、大岡山キャンパスの正門入り口付近に建築する。
留学生を含む多様な学生、教職員が集うイベントスペース、グループ学習用のスペース、海外の大学や留学支援に関する情報を集めたスペース、学生のサポートスペースなどを設け、学生たちが集い、交流できる場所とする。設計は建築家の隈研吾東京大学教授が当たる。

 東工大は滝会長から留学生ら学生支援の目的で多額の寄付を受け、学生に寄付金の使途についてヒアリングしたところ、日本人学生と留学生がここで出会い、交流するというコンセプトが生まれたという。

 三島良直学長と滝会長、隈教授が完成した新施設の模型とともに記者会見した。三島学長は「専門分野だけでなく、いろいろな人と交流することで学生に良い影響が出る」、滝会長は若い日に海外留学して異なる価値観を理解する大切さを知ったことに触れながら「母校の国際交流進展に役立ててほしい」などと述べた。

東京工業大学

時代を創る知を極め、技を磨き、高い志と和の心を持つ理工人を輩出し続ける理工大学の頂点

東京工業大学は産業の近代化が急務となっていた1881(明治14)年に東京職工学校として設立されました。設立以来、優秀な理工系人材と卓越した研究成果を創出し続け、現在も日本の理工系総合大学のトップにいます。東京工業大学は高度な専門性だけでなく、教養学を必修とする[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。