神戸大学と株式会社NTTデータは、教室のネーミングライツ(施設命名権)取得に関する「国立大学法人神戸大学ネーミングライツに関する協定書」を2018年3月23日に締結。情報処理教室の新名称は「NTTDATA IT Room」とした。

 近年、国からの交付金削減で、国立大学を取り巻く環境は厳しさを増している。そんな中、神戸大学は、教育研究環境向上のための財源確保を目的に、ネーミングライツ制度を2018年2月に導入した。

 六甲台第一キャンパス第三学舎にある情報処理教室のネーミングライツ公募には、NTTデータが応募し、選定委員会による審査を経て、ネーミングライツ・パートナーに決定。2018年4月から1年間、「NTTDATA IT Room」となる。この情報処理教室は、ITスキル実習の拠点として、主に法学部、経済学部、経営学部の社会科学系の学生が授業や自由演習で利用している。

 また、神戸大学とNTTデータは、新たな人材育成を目的に、現代の経済社会が抱える課題を最新のテクノロジーで解決するためのワークショップ等の共同開催に向け、協議することも合意。教育研究環境の充実に加え、これからの社会と時代が求める人材の育成にも取り組み、産学連携をより深化させていくという。

神戸大学

世界各地から人材が集まり、世界へ飛び出していくハブ・キャンパス。 異文化交流を重視し、国際性豊かな知の生命体としての大学を目指す。

「知の生命体としての大学」を目指して「異分野との交流」を重視し、教育・研究交流はもちろん、社会貢献のために産学官民連携を積極的に推進します。 先端的技術の開発と社会実装の促進を通じて人類に貢献するとともに、地球的諸課題を解決するために先導的役割を担う人材を輩[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。