横浜市立大学は、医学部と2018年4月に新設したデータサイエンス学部に加え、2019年4月から国際総合科学部を国際教養学部、国際商学部、理学部の3学部に再編することを発表。4月25日に文部科学省に設置届出を出した。5学部を備えた総合大学として、時代の要請に応える教育体制を構築していく。

 横浜市立大学の国際総合科学部は、2005年に公立大学法人となったのを機に誕生した。文理融合型の教養教育をいち早く取り入れ、総合的な視点で課題解決力を養ってきたが、社会課題の複雑化、高度化を背景に、3学部に再編。これまで培ってきた教養教育を土台にしながら、社会環境の変化に対峙できる専門性を深化させる。

 新たに誕生する3学部のうち「国際教養学部」は、定員270名・収容定員1,080名。専門性の深さと教養の幅を広げる4つの科目群(国際社会、国際文化、人間科学、都市政策・まちづくり)から成り、少人数教育で国際教養力を養い、海外・国内実習で国際力と実践力を育成する。

 「国際商学部」は、定員260名・収容定員1,040名。英語で学ぶ専門科目で、ビジネスに強い英語力を強化。データ分析、起業、医療経営など多様な専門性を育成するほか、海外インターンシップを通じ、海外での実践力を養う。

 「理学部」は、定員120名・収容定員480名。物質科学や生命科学、およびこれらの融合領域の専門知識を学修する。グローバルな研究マインドと実力を身に付ける「国際リトリートプログラム」や1年次から研究活動を行う「理数マスター育成プログラム」が用意されている。

横浜市立大学

横浜における知識基盤社会の都市社会インフラとして、教育研究と医療の拠点機能を担う。

横浜市立大学は1882(明治15)年に設立された横浜商法学校が前身となっています。横浜市立大学として教育、研究、医療の知的創造拠点としての役割において横浜の発展に寄与することを目指し、なおかつ優秀なグローバル人材や先端研究の成果と高度医療を横浜から世界へ発信す[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。