九州工業大学は、2018年4月23日付で、QBパートナーズ有限責任事業組合を無限責任組合員とするQB第一号投資事業有限責任組合(QB第一号ファンド※)が、「九州工業大学による補聴システム事業化プロジェクト」に対してプレ投資を行うことを発表した。

 プレ投資とは、大学発ベンチャーの課題の一つといわれる研究費と民間投資の間にある資金的ギャップを埋めるギャップファンド機能で、QB第一号ファンド独自の大学発ベンチャーインキュベーションプログラム。会社設立以前の事業化プロジェクトに100~500万円/件を投資。 その資金を元に、プロジェクト期間中(半年~1年)に、POC(Proof of Concept)や経営人材の探索を行い、大学発ベンチャーの創出に繋げる。

 プレ投資を行うのは今回で2件目だが、匿名組合(=出資者が組合員となり事業者に資金を提供。その営業から生じる利益の分配を受けることができる)を活用した事業化プロジェクトへの投資は、九州工業大学が初。また、このような形でのギャップファンドは全国でも初めてという。

 プレ投資の対象となった「補聴システム事業化プロジェクト」は、九州工業大学大学院工学研究院の水町光徳准教授が研究する音情報処理技術を活用し、低価格で使いやすい補聴システムの開発を目指すもの。今後の高齢化社会において、補聴器機のニーズが増加し、低価格化や品質改善が望まれること、新たな補聴システムが、補聴器機マーケットの革新につながる可能性を有することなどが評価された。

※QB第一号ファンドは、九州地域の大学を中心とした大学の研究シーズ及びシード・アーリー段階の大学発ベンチャーを投資対象とし、地域における新産業の創出を目指す九州地域初の産学連携ファンド。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。