立命館大学は2019年4月、大阪府茨木市の大阪いばらきキャンパスにグローバル教養学部を開設する。オーストラリア国立大学と学部共同学位プログラムの協定を結んでおり、同教養学部で学ぶことにより、両大学の学位を得ることができる。

 立命館大学によると、同教養学部は16番目で、学部共同学位プログラムを教育課程に組み込んだ国内初の学部となる。授業はすべて英語で進められ、グローバル時代のリベラル・アーツを日豪2つのキャンパスで学ぶ。オーストラリア国立大学の授業の一部は大阪いばらきキャンパスでも開かれる。

 立命館大学は1988年、国際関係学部を設置して以来、教育研究のグローバル化を積極的に進めてきた。2017年10月にはオーストラリアのリーディング大学であるオーストラリア国立大学と学部共同学位プログラムの協定を結び、新学部開設の準備を進めてきた。文部科学省への設置届け出は既に終えている。

 立命館大学は同教養学部の開設を世界水準の教育を実現させる新たな挑戦と位置づけ、アジア太平洋地域や世界で活躍できるグローバルリーダーの育成を目指す。

 同教養学部長に就任予定の金山勉教授は「学部共同学位プログラムの実施は日豪両国とも初めて。リベラル・アーツ教育の新たな次元を切り開き、これまでにない大学教育を実践していきたい」とのコメントを発表している。

参考:【立命館大学】グローバル教養学部が2019年4月大阪いばらきキャンパスに開設決定

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。