大阪市立大学大学院理学研究科の中澤重顕特任准教授、工井武治特任教授、愛知淑徳大学健康医療科学部の菅野友美教授、農業・食品産業技術総合研究機構の亀谷宏美主任研究員らは、鉄イオン運搬酵素のトランスフェリンがマイタケに存在することを世界で初めて発見した。マイタケのトランスフェリンはヒトの血中にあるものと鉄イオンの結合部位が酷似しており、キノコにさまざまな薬理効果があるとされる根拠が示された。

 大阪市立大学によると、研究グループはマイタケの乾燥資料をマイナス269度で測定したところ、室温では測れなかった信号を観測した。この信号を解析した結果、信号を特徴づけるパラメータがヒトの血中にあるトランスフェリンとそっくりなことを発見、鉄イオンタンパク酵素のトランスフェリンに由来することを突き止めた。

 キノコは他の生命系と早い段階で分かれ、独自の進化を遂げてきた。このため、脊椎動物や昆虫など他の生命系が共通して持つトランスフェリンを持たないと考えられてきた。しかし、今回の研究でマイタケのトランスフェリンがヒトと同じで、鉄イオンの結合部位の化学的な性質も明らかになった。

 今回の発見をきっかけに今後、マイタケ以外のキノコに含まれるトランスフェリンや金属タンパク酵素を解析する研究が活発になり、キノコの食品機能性理解が進むと期待されている。

論文情報:【Food Chemistry】Fe-Transferrins or their homologues in ex-vivo mushrooms as identified by ESR spectroscopy and quantum chemical calculations: a full spin-Hamiltonian approach for the ferric sextet state with intermediate zero-field splitting parameters

大阪市立大学

大学の普遍的使命「優れた人材の育成と真理の探究」の達成。 市民の誇りとなり、親しまれる大学。

優れた専門性、実践性、国際性を有し、総合的な判断力と豊かな人間性を備え、社会に積極的に参加する市民的公共性を持った人材を育成します。 新しい知の創造を目指す独創的で特色ある研究を推進します。また、都市が抱える様々な課題に取り組み、成果を都市と市民に還元し、地[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。