日本で唯一の4年制米国大学、テンプル大学(ジャパンキャンパス)は、2018年6月3日、卒業式を行い、テンプル大学総長リチャード・イングラートをはじめとする米国本校使節団ら多数の来賓が参列した。2018年度は大学学部(学士)と大学院(修士・博士)を合わせ、過去最高となる319人の学生が卒業した。

 この式典は、2018年5月10日に行われたテンプル大学本校(米国ペンシルベニア州フィラデルフィア)の第131回卒業式の一環として開催。2018年度のテンプル大学ジャパンキャンパスの卒業生は過去最高の319人。特に学部課程においては卒業生数がはじめて200人を超え、2005年に外国大学日本校の指定を受けて以来外国人学生の割合が増加してる。

 式典では、米国大使館のターナー氏による祝辞、テンプル大学理事長のパトリック・オコナー氏が基調講演を行い、グローバル社会へ羽ばたく卒業生にはなむけの言葉を贈った。

 テンプル大学は、1884年に創立し、「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」世界大学ランキング2018で351~400位のグループに選ばれた米国州立総合大学。1982年に東京に設立されたテンプル大学ジャパンキャンパスは、日本で唯一の4年制米国大学として、グローバル人材の輩出と日本の高等教育のグローバル化推進に注力している。

 2019年8月には、昭和女子大学との日米大学初の試み、グローバルキャンパス・プロジェクトにより、テンプル大学ジャパンキャンパスの全プログラムが世田谷区三軒茶屋に移転する予定。

参考:【テンプル大学】 テンプル大学ジャパンキャンパス 2018年度卒業式 挙行

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。