これまで、鳥に食べられた昆虫は子孫もろとも例外なく死に至るという考え方が常識だった。これに対し、神戸大学、高知大学、東京農工大学らの研究グループは、「昆虫が鳥に食べられた場合、昆虫体内の卵は消化されずに排泄される場合があるのではないか」との仮説を立て、この仮説を検証したところ、ナナフシの卵を鳥に食べさせると、一部の卵が無傷で排泄され、ふ化するという結果を得ることに成功した。

 自ら移動することができない植物は、果肉を報酬として果実を鳥などの動物に食べてもらい、種子を未消化のまま糞と共に排出してもらうという方法で分布域の拡大を図っている。しかし、多くの鳥は果実だけでなく昆虫も主要な餌としている。このことに着想を得た研究グループは、昆虫も植物と同様、鳥を「乗り物」として利用して遠くに運ばれることがあるのではないかと考えた。

 そこで、植物の種子に似て硬く丈夫なことが知られるナナフシの卵をヒヨドリに食べさせ,卵が無傷で排泄されるかどうかを検討した。その結果、トゲナナフシ、ナナフシモドキ、トビナナフシのいずれについても、5~20%の卵が無傷で排泄されることがわかった。さらに、このうちナナフシモドキでは、鳥の糞から回収した卵から実際にふ化が起こることも確認できた。

 ナナフシが鳥に食べられた場合,ナナフシ体内の卵が消化されずに排泄され,それがふ化して分布拡大に寄与しうることを明らかにした本研究は、これまでの常識を覆し、鳥に捕食されてもなお昆虫が子孫を残す可能性を示した。また、移動能力に乏しいと思われる生物がいかにして長距離移動を達成しているかというテーマに新たな知見を与える成果とも言える。

論文情報:【Ecology】Potential role of bird predation in the dispersal of flightless stick insects

東京農工大学

農学、工学の視点から「持続発展可能な社会の実現」に向けた課題解決を目指す国立科学技術系大学。

東京農工大学は1949(昭和24)年に東京農林専門学校と東京繊維専門学校が統合して設立されました。しかし、その起源は明治7年(1874年)に設立された内務省農事修学場と蚕業試験掛にまでさかのぼります。現在では農学部と工学部からなる唯一の国立大学としてこれらの知[…]

神戸大学

世界各地から人材が集まり、世界へ飛び出していくハブ・キャンパス。 異文化交流を重視し、国際性豊かな知の生命体としての大学を目指す。

「知の生命体としての大学」を目指して「異分野との交流」を重視し、教育・研究交流はもちろん、社会貢献のために産学官民連携を積極的に推進します。 先端的技術の開発と社会実装の促進を通じて人類に貢献するとともに、地球的諸課題を解決するために先導的役割を担う人材を輩[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。