東京都市大学は、明確な目的を持って原子力・放射線関係の知識・技能等の修得を志望する者を対象とした「原子力人材入試」を、2019年度から導入する。

 東京都市大学は、武蔵工業大学だった1960年に「原子力研究所」を設置。以来、原子力や放射線分野における研究を半世紀以上にわたり重ねている。1981年には「原子力工学専攻」を大学院工学研究科に、2008年には「原子力安全工学科」を工学部に設置し、より安全な未来社会を創造するための技術者を育成。実機・実物による実習・訓練を重視したカリキュラムのもと、現場の実務に即応し得る技術者・技能者を多数輩出してきた。

 2011年の東日本大震災における原発事故などにより、原子力発電への国民の関心が高まったことを背景に、推進・反対の立場を超え、高度な知識と使命感を持った原子力技術者を育成するため、2019年度から「原子力人材入試」を導入する。

 出願資格は、工学部 原子力安全工学科の趣旨を理解し、同学科で教育を受けるのに十分な基礎学力を有し、原子力工学分野での活躍を強く考えている者(既卒可・社会人可・併願可)。選考は、調査書、志望理由書(所定用紙:800字)、課題レポート(所定用紙/別途任意書式による提出も可)、面接(学修内容の確認・提出レポート内容に関しての面接官との討議も含む)によって行う。試験日は、2018年11月18日。募集人員は6名。

参考:【東京都市大学】原子力人材入試

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。