浜松医科大学、金沢大学、名古屋大学、福井大学の共同研究チームは、自閉スペクトラム症における対人コミュニケーションの障害に対する初の治療薬として期待されるオキシトシン経鼻スプレーの治療効果を、医師主導の臨床試験により世界で初めて検証し、その結果を発表した。

 自閉スペクトラム症は、対人場面でのコミュニケーションの障害と、興味や関心が偏りやすく同じ行動を繰り返しやすいという常同行動と限定的興味を主な症状とし、100人に1人程度と頻度の高い発達障害であることが知られる。しかし、その有効な治療法は確立されておらず、平均以上の知能を有する方でも社会生活に支障をきたす原因となっている。

 本臨床試験で用いられたオキシトシンは、脳から分泌されるホルモンで、分娩促進や乳汁分泌促進作用が広く知られている。一方、他者と信頼関係を築きやすくする効果が近年報告され、注目を集めているという。

 今回の臨床試験では、対人場面でのコミュニケーションの障害に対するオキシトシン経鼻スプレーの効果について、前例を見ない医師主導の無作為割付多施設大規模試験を実施して検討した。その結果、面談場面での振る舞いから専門家が評価したオキシトシンの効果は、プラセボ効果(効果の出る成分を含まない偽薬を服薬した際の、服薬によって症状が良くなるという期待から生じる改善効果)を上回らなかったものの、オキシトシン血中濃度変化と相関するという結果を認めた。また、視線計測で評価した客観的な社会性や、常同行動と限定的興味は、オキシトシンの投与で改善していた。

 今回の結果から、オキシトシンを医療に用いることを可能にする開発計画が進むことが期待されている。

論文情報:【Molecular Psychiatry】Effect of intranasal oxytocin on the core social symptoms of autism spectrum disorder: A randomized clinical trial

金沢大学

伝統と革新の融合から新たな知の創造へ

「専門知識と課題探求能力、そして国際感覚と倫理感を有する人間性豊かな人材の育成」を教育目標に掲げています。科学的な世界観と歴史観、論理的展開力、己を磨く人間力、創造力、日本文化・異文化に対する深い理解力を備え、知的基盤社会の中核的リーダーとなって挑戦し続ける人[…]

浜松医科大学

単科医科大学として社会に貢献し、世界に光医学を中心とした研究成果を発信する特色のある大学を目指す。

高度な知識・技術及び豊かな人間性と医の倫理を身に付けた優れた臨床医・看護専門職並びに医学研究者・看護学研究者を養成します。 近隣の自治体と協力して総合診療医の養成を意欲的に進め、日本のモデルとなることを目指しています。[…]

名古屋大学

総合的かつ自主的な判断力を持つ豊かな人間性を有する人材の育成

基礎技術を「ものづくり」に結実させ、そのための仕組みや制度である「ことづくり」を構想し、数々の世界的な学術と産業を生む「ひとづくり」に努める風土と、既存の権威にとらわれない自由闊達な学風の上に、真の勇気と知性をもった未来を切り拓く人を育てます。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。