千葉大学は、有機化学分野の研究で世界的に権威があるウルフ賞を受賞した元千葉大学工学部助教授の藤田誠東京大学大学院工学系研究科教授に特別栄誉教授の称号を贈った。特別栄誉教授の称号が授与されたのは初めて。

 千葉大学によると、授与式は千葉市稲毛区弥生町の西千葉キャンパスけやき会館で開かれ、特別栄誉教授の称号が手渡されたあと、藤田教授が「先輩からのメッセージ:研究者を目指そう!」と題して記念講演、親しみやすい語り口で困難をチャンスに変えた経験、研究の楽しさについて語った。

 藤田教授は1982年、千葉大学大学院工学研究科を修了したあと、相模中央化学研究所研究員を経て、1988年から千葉大学工学部助手、助教授などを歴任した。現在は東京大学大学院工学系研究科で教授を務めている。

 専門分野は有機化学。1994年に有機合成化学奨励賞を受賞したのを手始めに、日本化学会学術賞、第7回江崎玲於奈賞、トムソンロイター第3回リサーチフロントアワード、紫綬褒章などを受けている。
3月にはノーベル賞の前哨戦ともいわれるイスラエルのウルフ賞(化学部門)を受賞した。ウルフ賞の受賞は2001年の野依良治名古屋大学特別教授以来、日本人として2人目。日本が誇るノーベル賞候補の1人ともいわれている。

参考:【千葉大学】千葉大学初の特別栄誉教授称号を授与

千葉大学

「つねに、より高きものをめざして」を理念とする未来志向型大学

千葉大学は自由、自立の精神を堅持して、地球規模的な視点から常に社会とかかわりあいを持ち、普遍的な教養(真善美)、専門的な知識、技術、技能および高い問題解決能力をそなえた人材の育成、ならびに現代的課題に応える創造的、独創的研究の展開によって、人類の平和と福祉なら[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。