専修大学(東京都千代田区)スポーツ研究所の佐藤雅幸所長(経済学部教授)が企業と共同開発した携帯端末ケース「Palmo(パルモ)」が、2015年度グッドデザイン賞ベスト100(※1)を受賞しました。「Palmo」は米アップル社のスマートフォン「iPhone」シリーズに対応。シリコン素材で数字の「8」のような形をしており、その交差部分に指を差し込むことで、端末が落下するのを防止します。また、本体を握らずに指一本で端末を支えることができるため、片手で簡単に操作できることが特徴。ECBB株式会社(東京都新宿区)が製造し、2015年1月から発売しています。

 佐藤所長は開発にあたり、スマートフォンの使用による指や背中などへのストレス試験を実施。「Palmo」装着によって、腱鞘炎や指への影響などを防ぐことができ、疲労も軽くなることが判明。グッドデザイン賞審査委員からは、「ユーザーのストレスを軽減している」との評価。受賞を受けた佐藤所長は今後について「指の動きなどを調査し、改良に努めていく。これからもスポーツ科学の立場から健康や社会的な問題など、さまざまな問題にアタックしていきたい」と語りました。

大学としては専修大学のほか、早稲田大学のリニューアルされたWebサイト、千葉工業大学がアイシン精機株式会社(愛知県刈谷市)と共同開発したパーソナルモビリティ「ILY-A(アイリーエー)」が受賞しています。
今回受賞した製品は、2015年10月30日から11月4日まで、東京ミッドタウン(港区)で開催の「グッドデザインエキシビジョン2015(G展)」で紹介されます。

(※1)グッドデザイン賞とは、通商産業省(現経済産業省)によって創設された「グッドデザイン商品選定制度(通称Gマーク制度)」で、約60年にわたって暮らしや産業、社会を豊かにするデザインを顕彰し続けている賞です。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。