TOEFL®テストの情報などを発信し、アメリカに本部をもつ非営利教育団体「CIEE」。その日本代表部「CIEEJAPAN」は、設立50周年を記念して、50名の日本人学生に対し、世界中のさまざまな国で実施されるCIEE夏期留学プログラム「CIEE Study Abroad※」への奨学金を授与することを発表。その申請の受付が2015年11月1日から始まります。

 この奨学金は、日本人大学生に、米国の大学に在学している学生と日米以外の国で共に学ぶ機会を提供することで、多様な環境でグローバルに活躍できる人材の育成を支援することを目的としています。奨学金の授与期間は、2016年から2018年の3年間で、CIEE本部が実施する1セッション4週間の夏期留学プログラム「CIEE Study Abroad※」の授業料が免除されます。1年に10~20名程度、3年間で50名の学生に受給されます。

 応募できるのは、日本の大学に学位取得目的で在学している日本人学生で、TOEFL iBT®テストスコアが61以上、または、TOEFL ITP®テストスコアが500以上、単位取得を目的とする場合はそれぞれ、79以上、550以上のスコアが必要となります。審査は、夏期留学プログラム応募書式(英語)と志望動機などを述べたエッセイの審査を行う第一次審査、面接を行う第二次審査が実施されます。申請期間は、2016年夏のプログラム参加希望者は、2015年11月1日~2016年2月末日、2017年度は、2016年11月1日~2017年2月末日、2018年度は、2017年11月1日~2018年2月末日となっています。

※CIEE Study Abroadとは、1958年に米国とロシア間で開始された留学プログラムで、現在では43の国と地域で主要大学と連携しながら実施。年間220のプログラムに約10,000人が参加しています。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。