九州大学の岩見真吾准教授、京都大学の小柳義夫教授、東京大学の合原一幸教授らの共同研究で、HIVの感染様式を定量化する方法を開発しました。いまだ根治には至らないエイズを根本から治療する方法につながるかもしれません。

 ヒト免疫不全ウイルスⅠ型(HIV-1)は免疫細胞に感染することでエイズを引き起こします。ウイルスの感染が体内で広がっていく様式には2種類あることが知られています。一つはcell-freeという、感染した細胞からウイルスが放出されることで他の細胞にウイルスが取り付く様式です。もう一つはcell-to-cellという細胞同士が直接接触してウイルスを受け渡すことにより感染を拡大する様式です。エイズが進行していくのは主に前者が寄与していると考えられていましたが、2011年にcell-to-cell感染がエイズの根治に至らない原因ではないかと言う可能性が報告され注目を集めています。

 研究グループが目指したのはHIV-1の感染拡大においてcell-freeとcell-to-cellがどの程度寄与しているかを定量化することでした。特筆すべき手法としてフラスコ揺らしながらを細胞を培養することでcell-to-cell感染が起こらない環境を作ったことが挙げられます。こうして得られたデータと通常の培養から得たデータを数学的に解析することで、cell-freeとcell-to-cellがどの程度寄与しているのかを数値化することに成功したのです。これによるとcell-to-cell感染は細胞間の感染の60%を占めており、体内での感染拡大の速度を3.9倍も加速させていることが明らかになりました。今後のエイズ研究におけるcell-to-cell感染の重要性を示すものです。

 これまでの薬剤投与による治療ではcell-to-cell感染を抑制できていなかった可能性があることから、治療戦略の転換が迫られることになるかもしれません。研究グループは引き続きcell-to-cell感染の全容解明を目指していくとしています。エイズの根治を目的とした新薬開発にもつながることが期待できます。

九州大学
九州大学

日本の様々な分野において指導的な役割を果たし、広く全世界で活躍する人材を輩出し、日本及び世界の発展に貢献する

「基幹教育」と「専攻教育」から成立する学部教育。生涯にわたって学び続けることを幹に持ち、行動力を備えたアクティブ・ラーナーへと育つ力を培います。深い専門性や豊かな教養へとつながる知識・技能と、新たな知や技能を創出し未知な問題を解決するもとである「ものの見方・考[…]

京都大学
京都大学

「自重自敬」の精神に基づき自由な学風を育み、創造的な学問の世界を切り開く。

自学自習をモットーに、常識にとらわれない自由の学風を守り続け、創造力と実践力を兼ね備えた人材を育てます。 学生自身が価値のある試行錯誤を経て、確かな未来を選択できるよう、多様性と階層性のある、様々な選択肢を許容するような、包容力の持った学習の場を提供します。[…]

東京大学
東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。
記事内容等に関する問合せ・ご意見はこちらからお願いします。