三菱重工業(東京、宮永俊一社長)は、公的研究機関や大学、高等専門学校などと公募方式で共同研究に取り組む「三菱重工業マッチング研究公募」制度を発足させ、募集を始めました。研究開発活動で社外と積極的に連携するオープンイノベーションによる技術基盤強化策の一環で、研究開発ネットワークの拡大を通じ、研究開発、新規事業創出に必要となる技術や人材の発掘を目指します。

三菱重工業によると、公募の対象となるのは国、地方自治体や公益団体などの研究機関、大学、高専に所属する研究者または研究チームの代表者。三菱重工業のウェブサイトで活動の趣旨、ニーズを公表し、対象者からの研究テーマを公募。書類審査、訪問審査を経て、案件を絞り込み、共同、委託研究テーマを決めることにしています。
1回目の対象テーマは「耐久性の高い撥水、親水コーティング」、「高強度軽量複合材」「しゅう動面の長寿命化」など16分野。2015年度中にテーマを決め、2016年度から研究に入る計画です。

この制度は2015年度から3カ年にわたる中期経営計画「2015事業計画」で技術基盤の強化策として挙げたオープンイノベーション拡大戦略に沿い、設けられました。共同研究や海外拠点の充実に加え、オープンイノベーションに取り組むことで、研究開発、事業展開の効率化、新技術の創出を目指しています。
※オープンイノベーション 他の企業や大学、研究機関など外部の開発力やアイデアを活用することで革新的なビジネスモデル、研究成果の創出、製品開発につなげる考え。自社内に研究者を囲い込むクローズドイノベーションの対語。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。