博報堂のブランディング専門組織「博報堂ブランドデザイン」は、東京大学(教養学部教養教育高度化機構)と共に、大学生のためのブランドデザインコンテスト「BranCo!(ブランコ)」を開催することを決定。同コンテストは、「博報堂ブランドデザイン」が日頃の業務として手掛ける“ブランディング”の重要性や魅力を学生に伝えることを目的に発足させた、学習形式のコンテストです。2012年に同大学教養学部で開講しているアクティブラーニング型の授業「ブランドデザインスタジオ」の拡大企画としてスタートし、今回で4回目を迎えます。

 参加対象は大学生と大学院生。文系、理系、美術系など学部は問わず、1チーム3~6名が協力して、課題となるテーマについてさまざまな視点から調べ、その本質を考え抜き、魅力的なブランドのアイデアをチーム対抗で競い合います。参加学生はセミナーやプレゼンテーションを通して、「博報堂ブランドデザイン」の考え方や思考プロセスを学ぶことができます。

 2014年には、東京大学、早稲田大学、中央大学など61大学、152チーム558名が予選に参加。「嘘」をテーマに新しいブランドをデザインするという内容で競い合いました。中間セミナーではブランドデザインの手法についてワーク、決勝では非常にレベルの高いプレゼンテーションが行われました。

 参加希望者は、2015年11月24日までに専用フォームより参加登録。11月28日に、同大学駒場キャンパスでテーマ発表を含めた説明会が実施され、説明会後ワンポイントセミナーと懇親会も行われます。その後、2016年2月13日の予選プレゼンテーションを経て、3月12日に決勝プレゼンテーション(一般公開予定)が行われる予定。

出典:【博報堂ブランドデザイン】Branco!2015開催のお知らせ

東京大学
東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。