京都大学は、新生児の名前の経時的な変化を分析することで、日本文化が個性を重視する個人主義文化に変容しつつあることが実証的に示されたと発表しました。その研究成果は、スイス心理学系のジャーナル「Frontiers in Psychology」の電子版で公開されています。

 研究を行ったのは、荻原祐二教育学研究科研究員、内田由紀子こころの未来研究センター特定准教授らの研究グループ。ベネッセコーポレーションと明治安田生命保険相互会社が公開している2004年から2013年の新生児名前ランキングから人気のある名前の読みと漢字が与えられる割合の推移を算出することで、日本文化が個人主義化しているかどうかを検討しました。

分析によると、人気のある漢字を与えられる割合は増加した一方、人気のある名前の読みを与えられる割合は減少し、「大翔」には(ひろと)、(はると)、(つばさ)など、人気のある漢字の組み合わせの読みの種類数は経時的に増加していることがわかりました。人気のある漢字に対して、例えば、「海」を(かい)や(うみ)ではなく(まりん)と読むような英語読みや、「心」を(こころ)ではなく、(ここ)や(こ)と読むような短縮読みなど、一般的でない読みを与えることで個性的な名前を与える傾向が増加しており、これらの結果が、日本文化が個性をより重視する個人主義文化に徐々に変容していることを示唆していると説明しました。

 研究グループでは、 今後、なぜ個性的な名前を与えようとする傾向が増加しているのか、そして個性的な名前を与えられることが変容する社会の中でどのような帰結を生み出しているのかなどを検討していく必要があると考えています。

出典:【京都大学】個性的な名前を与える傾向が増加している -日本文化の個人主義化を示唆-

京都大学
京都大学

「自重自敬」の精神に基づき自由な学風を育み、創造的な学問の世界を切り開く。

自学自習をモットーに、常識にとらわれない自由の学風を守り続け、創造力と実践力を兼ね備えた人材を育てます。 学生自身が価値のある試行錯誤を経て、確かな未来を選択できるよう、多様性と階層性のある、様々な選択肢を許容するような、包容力の持った学習の場を提供します。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。